スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年の瀬。

もう今年も終わりかけているという時にやっとブログのことを思い出してひょっこりと。文字が上手く連ねられなくてもだもだしながらもなんとかやっています。
まあ冬コミはね、連日職場に配置ですからね、遠くから成功を祈るのみですが。上手く行ったら年明けのインテックスには行きたいなあと……行きたいなあと。
ボカロもですが再燃し過ぎた聖戦の系譜を探してみたりとかしてみたいと企んではおります。体力と交通手段がそろえばインテックスに行くよ!

さてはて。
とうとう発表が来ましたね、KAITO V3。
……本当にこう書くと赤いマフラーしてきそうな気がしてしまいます。
優待メールも無事届いたので、年が明けて少し落ち着いたらサンプル聴き込んで付属ソフトウェアのこともある程度確認してからポチっとするかどうか決めようと思っています。
とはいえ、やっぱり私をVOCALOIDにここまではまらせたのはKAITOの声(というか音)ですし、十中八九ポチっとするんだろうなと。想定外のお値段にリアルに画面前で「は?」と声をあげていました。



ということで。
KAITO V3が来たらこんな感じになったりするのかなあとふと妄想が走ったのでとりあえず置いておきます。
カイトとメイコしか出てきません。妄想なぞ要らんわ! という方は続きを開かれないようお願い申し上げます。







*******


「はじめまして。僕はKAITOと言います」
 ふわりと笑う顔は三度目だというのに全く変わらなくて、私の視界を歪ませる。私をただ映しているだけの彼の中には何も残っていないと知っているから、二度目のあの時のような苦悩も不安ももうないと知っているから、にじむ涙をこぼさないように私も笑う。
「あの……」
「はじめまして、KAITO」
 私の表情の変化を見つけたのか、少し不安そうに細められた青い瞳を真っ直ぐに見返す。
 大丈夫、大丈夫よ、カイト。私は嬉しいの。嬉しくて嬉しくて泣いてしまいたい。
「私はMEIKOよ」
「MEIKO、さん」
 ああ、やっぱりあなたはあなただわ。その呼び方はちっとも変わらない。
「ええ。型は違ってしまうけれどあなたと同じ、よ」
 いつ光が当たるか分からないままで。たくさんの傷を抱えて。迷って悩んでそれでも歌い続けていたあなたを知っているから。
 手を差し伸べると表情を緩めてくれるその姿がたまらないほど涙を誘う。
「これからよろしくね。一緒に歌いましょう?」
 あなたの声を待ち焦がれていた人たちが居る。いろんな情報に一喜一憂しながら待ってくれていた人たち。
 あなたはもう不要だなんて言われないわ。嫌われることはあるかもしれないけれど、それもまた「声が届いている」証だもの。
 あなたの声が響くことが嬉しい。あなたの声が残ることが嬉しい。
 あなたが「望まれる幸せ」を心置きなく感じられるだろうことが、嬉しい。
「はい、こちらこそ、よろしくお願いします」
 強く握り締めてくれたその手に、とうとう雫をこぼしてしまいながら、それが「幸せの涙」だと伝わるように祈り続けていた。
 


*******

はじめまして、で何度でも始められるふたりが好きなのかなあとしみじみ。
こんなふたりが居ても良いよね。
スポンサーサイト

[ 2012/12/30 02:42 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nightwindwing.blog76.fc2.com/tb.php/236-e5de252e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。