スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご無沙汰。

じっくり書く暇がなくなるとブログ更新が途絶えるという良くあるお話。とりあえず誰も心配してないかもしれませんが元気です。

初音ミク Project DIVA Arcadeに「怪盗ブラックテール」が来ると聞いてポイントを確認したりもしましたが予想通り足りそうにありません。またまったり貯めておきたいところです。
MEIKOさんの聖誕祭も近いんでしたね……遅刻確実だけど書きたいものはあるんだよな、と思っています。こ、今年中くらい、に? 書けると良いなあ。願望願望。

というのも、今、ちょっとVOCALOIDではない方向にひとつ吹っ飛んでまして。なんかもうたまらなくなっているわけです。
Twitterではたまに呟いてましたが、
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
にですね、すっぽりはまって今ちょっと抜け出せなくなっているのです。

というわけで以下にネタバレ上等の聖戦の系譜語りを。割と壊れてます。カップリングについてかなり言及してますので苦手なものがあるかたはご注意くださいね。
















ファイアーエムブレム 聖戦の系譜との出会いは、実は割と昔なのです。いつだったか正確には覚えてませんがゲーム自体ではなくアンソロジーで出会いました。
それ以前からちらちらと「リセットと仲良くなれるシミュレーションゲーム」ということで名前を聞いてはいたのですが。その頃は「ほへえ、そんなものかー」くらいで流していましたね。RPGが主だった私にはシミュレーションは敷居が高く感じられていましたし。
でも、キャラクターたちとストーリーが魅力的で。それが最近になって再燃した、という感じです。うっかりWiiを買ってバーチャルコンソールでやりたいなあと思うくらいには!


キャラクターの性格や細かい設定や流れは台詞やエピソードから勝手に読み取る感じになるので、以下、私の思い込みやら捏造やらが多々入りますw

親世代、シグルドとディアドラの出会いからしてときめき要素があったりするわけですが、個人的なお気に入りはやはりレヴィンとフュリーです。幼馴染で王子と騎士で、思い合うからなかなか向き合えず、離れている時間も長くあって。レヴィンはフュリーを思いやって、王族やら聖戦士の血統やらから遠ざけたくて、手放そうとしたりなんかして、それで傷つくフュリーはそれでも傍にいたいと願って。だからこそ想いが通ってからはひたすらにお互いに一途なんじゃないかなあなんて思ってみたり。重い宿命を抱えるレヴィンを真っ直ぐに、きっと最後は「風」になって支えるフュリー。レヴィンが終える時にはフュリーがお迎えに来てくれるんだろうなあ、とか。
そして親世代のもう一組のお気に入りがアゼルとティルテュ。こっちも幼馴染ですね分かってます。大人しい少年と活発な少女。ティルテュはアゼルを振り回してたと思います。アゼルもしょうがないなあって感じで振り回されて、そこにレックスが混ざってわいわい仲良くやってたんだろうなあと。ティルテュはきっとずっとアゼル一筋で、でもアゼルはエーディンに惹かれて、真剣に恋うその横顔にティルテュが自覚しちゃうとかそんな。諦めるために他に目を向けて大人のクロード神父に近づくけれど、クロード神父から最終的に「それで良いのですか?」とか訊かれちゃったりするのかな、って……話の筋が出来てきてるじゃないかー?! 誰か書きませんか?(何か違う

そして親世代がそのカップリングでの、子世代のセティとティニーが究極にお気に入りですたまらんのです。
割と「宝物」発言が取りざたされているそうですが、個人的には「くっつくのに障害が山ほどある」のがもう。……いやうん、私の中では、ですけどね?
風の勇者と雷の姫。レジスタンスの主導者と支配者の姪。セティの血を色濃く継ぐものと、ファラとトードの双方の血を継ぐもの。しかもストーリーに沿って素直に考えれば考えるほど、トードの血筋のものの少なさに、何年後かに嫁入り、とかも無理じゃないかと思える状況なのが! 更にアゼティル前提だと、ティニーは本当に親族と敵対し続ける……んです、よね。母方の伯父を皮切りに母方の伯母と従姉、父方の伯父と従兄……。
「あなたがいれば大丈夫です」「私の宝物だ」と伝え合いながらも最終的にはお互いの背負うもののために手を放して背を向ける感じなのが……あああ幸せにしてやりたい。自分のことは後回しにするふたりっぽいし本当に幸せになって欲しい。ああもうずっと一緒に居れば良いのにー! でもそれは無理ですって言うんだろふたりともー!(落ち着け
ちなみにやろうと思えばこっそり幼馴染設定加えられるという……ティルテュもフュリーもシレジアに居たんだしね。きっとティニーは物心つく前でしょうけれど。はっ、セティのほうだけ覚えてるとか何それ美味しい。それだとアーサーとセティはきっと覚え合ってて反りが合わないんだろうなあ。でも肝心な時だけ息ぴったりなんだろうなあ。そしてきっとフィーもティニーと同じでアーサーとティニーのことを覚えてないんだろうなあ。でもアーサーと再会して何処か懐かしい気がするとか思っちゃうとか。
しかしまあ、「ティニー、無茶をするな!」は本当にときめき要素満点です。私はどんだけこのふたりが好きなんだ。最近ずっと脳裏を占めるくらいには大好きなのだ。

子世代の他の子たちもそれぞれに好きなんですがw なんか、こう、……偏ってる自覚はありますあるんです。ただ挙げていくとキリがないので! ないので! 

聖戦の系譜は、……お話として書こうとするとひたすらに長くなるので、ちょっとひと息吐き出させていただきました。色々歴史やら親族やらが絡んできてその上での! というものが多いので……短くまとめるの難しいと痛感してますw
いやうん楽しいですけどね! 妄想するだけならタダだし! 熱意が冷めないうちはもにゃもにゃ考えていると思います。
スポンサーサイト

[ 2012/11/03 17:36 ] FE聖戦 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nightwindwing.blog76.fc2.com/tb.php/235-3d0a9e58


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。